中性脂肪が高い場合の病気と改善方法

中性脂肪が高いと危険な病気

中性脂肪が高い状態が長く続くと危険


欧米化の進む食生活において、普段の食事が牛や豚などの肉類が多くなったり、忙しい日々のなか、やむを得ずインスタントラーメンの食事が続くなどすると、一気に体内の中性脂肪が増加してしまいます。


体内に蓄積されていっても、初期は若干身体が重く感じる、軽い体調不良を感じる程度の軽微な症状ですが、この身体からのサインに気が付かず状態を放置し続けていくと、次第に命の危険に関わる大問題に発展してしまう可能性があります。


特にコレステロール値とは深い関わりがあり、悪玉コレステロール値が高くなると、脳卒中や動脈硬化、心筋梗塞や糖尿病などのリスクが飛躍的に高まってしまうのです。


動脈硬化・ドロドロ血


特に中性脂肪が蓄積されていくと顕著になってくるのが血液がドロドロになっていく状態です。血液がドロドロになると言うことは、体内の血流が激しく滞ることを意味しています。


この状況を放置してしまうと、いつしか血管がドロドロの血でふさがれてしまい、動脈硬化や脳卒中など、命に関わる危険にまで発展してしまうのです。血液内に蓄積され、悪玉コレステロールの値を一気に上げてしまいます。逆に、ドロドロ血の状態を改善していくことでコレステロール値は下がり、中性脂肪も蓄積されにくくなっていくのです。


脳梗塞・心筋梗塞


中性脂肪が蓄積されていくと、脳梗塞や心筋梗塞のリスクが飛躍的に高まってしまいます。これは中性脂肪の蓄積によって血がドロドロになってしまい、血流を阻害してしまうからなのです。


血流は正常に循環されて始めて健康的な身体を作ります。もしもそれがドロドロ血によって阻害されてしまうと、正常な血流が無くなり、心臓や脳に直接的にダメージを与えてしまう可能性があります。


糖尿病や脂肪肝


中性脂肪が増加するとリスクの上がる病気として、糖尿病や脂肪肝が挙げられます。糖尿病の場合、血中に増えることで血糖値が上がってしまいながら、体内の糖分を分解するインスリンが正常に機能しなくなってしまいます。


このため、血糖値は上昇を続け、糖尿病のリスクを大きく上げてしまうのです。また、増加を続けると言うことは、肝臓から脂肪が生成され続けると言う状態であると言うことです。この状況が長期に渡って続くと、生成されそのまま肝臓に残り続けてしまうのです。これが蓄積されると脂肪肝となってしまい、最悪の場合は肝硬変となり、さらに肝臓がんにまで発展してしまう恐れがあります。





手遅れになる前に1日66円で対策できるサプリメントを




中性脂肪が高い原因をまとめてみた

脂っこい食事が多い・脂肪を取りすぎている

近年の食生活の欧米化により、普段の食事には必ず牛や豚、鶏などのお肉が加わっていると言うことはありませんか?もちろんこれらも非常に重要な食材であることに間違いはありませんが、やはりそのボリュームは考えたいものです。また、食事方法としても、濃い目のソースはもちろん、他の栄養バランスを考えずにお肉ばかりを摂取する、野菜はほとんど採らないといった場合においては中性脂肪が飛躍的に蓄積されてしまう可能性が高くなります。また、インスタント食品やレトルト食品のような味の濃いものが中心の食生活と言うのも問題です。これらは舌を満足させるために、あえて濃すぎる味付けになっているものです。その分脂分や化学調味料をふんだんに利用しているため、健康にいいはずがありません。

運動不足で代謝が悪くないですか?

健全な身体を作るためには、やはり適度な運動は欠かせないものです。運動不足の日々が続くと、身体の血行全体が悪くなるのはもちろん、筋肉も衰え、さらには脂肪燃焼効率も下がっていきます。これが常習化することで身体は「不必要なものまで蓄え続ける」ことに慣れてしまい、発散や解消が困難になってしまうのです。「運動は疲れるからしたくない」と言う方も多いかもしれませんが、運動をしない身体のほうがよっぽど疲れを蓄積させてしまっていると言うことも覚えて起きましょう。 逆に日々適度な運動を心がけることにより、身体の基礎代謝が上がり、脂肪の燃焼効率が上昇します。これにより、中性脂肪のつきにくい身体を作っていくことに繋がっていくため、食事量が増えたとしても、問題なく代謝によって脂肪が燃焼されていくのです。

アルコールの摂取し過ぎではないですか?

中性脂肪の増加が気になる方にとって、特に大敵なのはアルコールの摂取です。アルコールの過剰摂取が続くと、肝臓から生成量が加速度的に増え続け、肝臓内に蓄積されていきます。この蓄積された中性脂肪によって、慢性肝炎を引き起こしてしまう、さらには肝硬変へと続き、最悪の場合は肝臓がんにまで発展してしまうリスクがあるのです。 アルコールの摂取事態が悪いことではありませんが、やはり過ぎるアルコールは毒になるものです。適度な摂取を心がけ、お酒は嗜むものと考えることが大切です。

魚よりも肉よりの食事が多い

近年特に多い傾向として、食事の際には牛や豚などの肉類が中心となりがちです。もちろん牛肉や豚肉も身体にとって大事な食材ではありますが、肉類中心の食生活と言うのはあまり褒められたものではありません。やはりミネラルや栄養バランスを考え、週の半分は魚の料理を加える、肉類だけでなく、十分な野菜類、海草類なども取り入れるということが大切です。牛肉や豚肉はスタミナの付く食材の代表格ではありますが、量が過ぎると脂肪が蓄積されやすく、身体の酸化までも促進してしまいがちです。その結果、中性脂肪が溜まっていき、肥満などの症状に悩まされることになります。




手遅れになる前に1日66円で対策できるサプリメントを




中性脂肪値を改善する方法

中性脂肪の基準値とは


蓄積されていくことで身体に様々な影響を及ぼしてしまう中性脂肪ですが、食事による摂取、もしくは肝臓で生成され、体内に蓄積されていくものです。蓄積され万が一身体からエネルギーを作るための要素が不足した場合において最後に消費されるものであり、身体を守るためには必要なものであるのは間違いありません。 しかし、その量も過ぎてしまうと、途端に身体に様々なトラブルを引き起こしてしまう要因にもなりかねず、特に近年は欧米化の進む食生活や、身体を使わずとも便利なもので溢れかえっているため、消費されるような事態は滅多に起こらず、蓄積を続けていってしまうのです。 元来、基準値は40~130mg/dl程度とされており、性別や年齢、体型などで違いはあるものの、概ねこの水準である限りは正常値として考えても問題ないとされています。しかし、この数値を大幅に超えると高脂血症と診断されるようになり、投薬による治療が必要となる場合もあります。 オススメの食品はトクホ(特定保健用食品)が決め手!
運動により中性脂肪を下げる

下げる効果の高い生活習慣として、適度な運動は非常に重要なものと言えます。運動をすると言うことは、身体の脂肪を消費することでもあり、中性脂肪増加の抑制にもつながります。 人体において、常に蓄積されており、脂肪が燃焼しない限りは蓄積を続けることになってしまいます。しかし、運動によって脂肪が燃焼することにより、消費されていく脂肪を補うために中性脂肪が燃焼を始めるようになるのです。これを日々続けることにより、体内の脂肪が効率よく燃焼する身体を作っていくことに役立つのはもちろん、それに伴って消費も進み、無駄な蓄積が改善されていくのです。

食事の改善により中性脂肪を減らす

中性脂肪改善のために最も効果が高いのは食事による改善方法です。中性脂肪を減少させるための成分として有名なのはEPAと呼ばれる、主に青魚に含まれているものです。もしも普段の食生活において肉類が多く、魚類や野菜、海藻類が少ないと言う場合は、魚類中心、豊富な野菜や海草を加えるなどし、栄養のバランスを取り直すことが中性脂肪減少に高い効果をもたらしてくれるでしょう。 また、食事の中に是非取り入れたいのは、青魚はもちろん、ワカメなどの食物繊維豊富な海藻類や、血液をサラサラにする効果の高いたまねぎなどです。

サプリメントで中性脂肪を落とす

落とすために効果的な方法としては食生活の改善や適度な運動ですが、日々の生活の中で全てを補いきると言うのは難しいものかもしれません。料理にはこだわりたいが、そのような時間も無い、運動をする時間も厳しいと言う場合もあれば、青魚などの魚類は苦手である、毎日運動を続けるのは苦しいと言う場合もあるかもしれません。このような場合に有効なのがサプリメントの併用です。特にニッスイのイマークと言うドリンクタイプのサプリメントは、ヨーグルト風味で非常に飲みやすく、さらに豊富なEPAが含まれていることから、増加に悩まされている方にとっては非常にお勧めできる一品であると言えるでしょう。




手遅れになる前に1日66円で対策できるサプリメントを




中性脂肪を20%減らす方法・臨床結果に驚きの効果が

特定保健用食品を選ぼう

中性脂肪を減らす方法として、食事療法や適度な運動が最もお勧めできるものではあるものの、全ての人が同様に適切な食事をとり、運動を続けられるかと言えばそうとは限りません。中には忙しい日々の中、やむを得ず食事が疎かになってしまう、運動をする時間が無い場合もあれば、好みの問題として毎日魚類や海藻類を食事に加え続けることが難しいと言う方もおられるでしょう。 そのような場合、中性脂肪の増加を抑え、それを減らす効果の期待できるサプリメントを利用することをお勧めします。その中でも特に、「特定保健用食品」に分類されたものが良いでしょう。 特定保健用食品は日本国内において消費者庁の定める一定の基準をクリアした健康食品にのみ認められる名称で、信頼性はもとより、安全性の面でも申し分ありません。やはり日々利用を続けるものであることから、信頼の出来るものを利用することが望ましいのは言うまでもありません。

臨床結果が出ている食品もしくはドリンクがおススメ

中性脂肪を減らす効果の期待できるものとして、やはりその効果に疑いを持つのは当然のことかもしれません。特定保健用食品であったとしても、実際の効果が分からなければ、利用の価値があるかどうかは分からない考える方も多いのではないでしょうか。 しかし、本当に信頼の出来るものであれば、その効果を証明することが出来るのも当然であり、その結果を公開するだけの自信もあるものです。特に注目したいのが臨床結果と言えるでしょう。 臨床結果はあくまでサンプルであり、全ての人に同様の効果が得られると言う保証があるものではありませんが、少なくとも用法、用量を守り、適切な利用を心がけることで、近い結果を得られる可能性と意味において信頼が出来るのではないでしょうか。



日本で唯一のEPA特定保健用食品イマークS


特定保健用食品であり、臨床結果を公開している中性脂肪を減少させる効果が期待できるとして注目を集めているのがニッスイのイマークSです。現時点において、この2つに該当しているサプリメントはイマークSのみとなっており、日本唯一のEPA特定保健用食品として認可されているものでもあります。イマークSは人体では生成できない栄養素であるEPAを豊富に含んでおり、1日1本飲用を続けるだけで、2ヵ月後には大きな違いを実感することができることでしょう。 日々の忙しさに、バランスの取れた食生活を送るのが困難である、運動不足の解消を目指したいが、それも難しい、青魚などの魚料理は苦手意識があると言った方でも手軽に飲用でき、その信頼性も国が認めたものです。 現在中性脂肪の増加に悩まされているのであれば、一度試してみてはいかがでしょうか。
金額 1,050円
成分 EPA+DHA
WEB特典 イマークSを激安購入するなら
今なら初回限定キャンペーン!